パソコントラブルは早く解決しよう

壊れた時の対処

ハードディスクが壊れたとしても、普及専門の業者があり、そこに依頼をすることで治ることがあります。壊れたときにはあわてたりなどせず、まずはデータ復旧の会社があるということを思い出してみるのが良いです。

ファイルの保護

業務上でデータがパソコンのトラブルによって消失してしまうことは決して珍しい事ではありません。バックアップを取っていないケースも多く、迅速な対応が求められます。専門業者にいらする事で、データを救出することが可能です。

依頼の費用

パソコンが壊れた時などにデータ修復サービスを利用すると失ったデータを取り戻せる場合があります。気になった方はチェックしてみてくださいね。

データの管理にはERPパッケージを使用しせませんか?これ一本でカンタンにオフィスでの業務効率をアップさせることができます!

専門業者への依頼はどれくらいかかるか

ハードディスクを専門業者に依頼してデータ復旧を行う場合、その費用はハードディスクの障害の原因によって異なってきます。障害の原因は大まかに2通りに分類され、論理障害と物理障害に分けられます。論理障害とは誤操作によるファイルの削除や、ウィルスによる障害などが該当します。データ復旧の費用は、軽度の障害ならば3万円から6万円程で、障害が重いと費用も比例して高くなります。一方物理障害とはハードディスクが物理的、機械的に壊れてしまってデータにアクセスできない状態をいい、ハードディスクを濡らしてしまった場合などが該当します。物理障害のデータ復旧の費用は、論理障害より費用が高くなることがほとんどで、軽度の障害なら6万円から10万円程になります。これも障害が重いとその分費用が高くなります。上記で述べたようにデータ復旧の費用は安い金額ではありません。しかし、企業が保管するデータはそれ以上の価値を有する場合があり、データ復旧を望む企業から専門業者は頼られ、活躍しています。

データ復旧の歴史について

データ復旧の専門業者はパソコンが今より高価で数十万円以上もするような昔から存在していました。その当時は現在のよりもパソコンの知識が詳しい人は少なかったので、ハードディスクのデータを復旧しようにも難しい状態でした。そこで、そのようなトラブルに対応するためのデータ復旧の専門業者が現れるようになり、企業から依頼されて活躍するようになりました。最近では、ハードディスク以外にもRAIDやUSBメモリなど様々な記憶装置のデータ復旧を取り扱う専門業者が存在するようになっています。そして、個人のパソコンの利用も増えていることもあって、個人からのデータ復旧の依頼も増えてきています。今後、様々な情報機器がさらに普及し利用されることが予想され、データ復旧の専門業者もますます活躍していくことが予想されます。

  • 代行を使う

    データ入力は、雇い入れた労働者にデータ入力代行作業をして貰うという方が圧倒的に楽です。最近注目を集めているビジネスでもあり、今後のビジネス形態として案件の数や種類も豊富になっていく事が予想されます。

  • データを取り戻す

    データ復旧で、最も安い方法がデータ復旧ソフトを使うことです。しかしプロの業社に頼むほうが高い確率で復旧できる可能性があります。金額は高くつくかもしれませんが、頼む価値はあります。